ぷちぐる おうえんボイス書き起こし μ's編

3/28実装、ぷちぐるのおうえんボイス。

μ's編です。

 

メンバー名「センターへの呼びかけ」(1〜3共通)

1 サポート1に設定時、スコア20万で発生

2 サポート2に設定時、200G獲得で発生

3 助っ人に設定時、コンボ150達成で発生

 

 

 

高坂穂乃果


ことり「穂乃果ちゃん!」

1 ことりちゃん、がんばろ!

2 この気持ち、みんなに届け!

3 ことりちゃんと一緒で、わたし嬉しい!


海未「穂乃果!」

1 後悔なんてしたくない!

2 テンション上がっちゃうね、海未ちゃん!

3 海未ちゃん、いっけー!


真姫「穂乃果!」

1 真姫ちゃん、笑って〜♪

2 その調子で、いっくよー!

3 真姫ちゃん、楽しいねぇ♪


凛「穂乃果ちゃん!」

1 凛ちゃん、一緒に歌おう♪

2 凛ちゃん、いい感じだね♪

3 絶好調だね、凛ちゃん!


花陽「穂乃果ちゃん!」

1 自信を持って、花陽ちゃん!

2 花陽ちゃん、笑顔だよ♪

3 もっともっと、弾けちゃえ〜♪


にこ「穂乃果!」

1 にこちゃん、ノッてるねぇ〜♪

2 頼りにしてるよ、にこちゃん!

3 にこちゃんすっごぉーい!


希「穂乃果ちゃん!」

1 希ちゃんの占い通りだね!

2 うわぁ〜、激しいよぉ〜!

3 希ちゃん、気持ちいいね!


絵里「穂乃果ぁ!」

1 絵里ちゃんのおかげだね!

2 さっすが絵里ちゃんだね!

3 もっと盛り上げていこぉ〜♪


南ことり


穂乃果「ことりちゃん!」

1 幸せだね♪穂乃果ちゃん♪

2 みんなに笑顔をとどけようね♪

3 どこへでも付いていくよ!穂乃果ちゃん♡


海未「ことり!」

1 海未ちゃん、衣装似合ってるね♪

2 海未ちゃんと歌っていたいなぁ♪

3 私はずっと味方だよ!


真姫「ことり!」

1 真姫ちゃんかわいぃ〜♡

2 真姫ちゃんの笑顔、大好き!

3 とっても楽しいね♡


凛「ことりちゃん!」

1 凛ちゃんかわいぃ〜♡

2 もっと弾けちゃお♪

3 楽しいね、凛ちゃん!


花陽「ことりちゃん!」

1 いい感じだね、花陽ちゃん!

2 花陽ちゃん♪一緒にがんばろ?♪

3 すごいね、花陽ちゃん!


にこ「ことり!」

1 にこちゃんかわいぃ〜♡

2 とっても盛り上がってるね♪

3 さっすがにこちゃんだね!


希「ことりちゃん!」

1 わしわししちゃだめ〜!

2 希ちゃん、絶好調だね♪

3 もっと盛り上げていこうね♪


絵里「ことり!」

1 絵里ちゃんステキだね!

2 頑張ろうね、絵里ちゃん♪

3 絵里ちゃん、無理はしないで!

 

園田海未


穂乃果「海未ちゃん!」

1 穂乃果、その調子です♪

2 楽しいですね、穂乃果!

3 穂乃果!まだいけますね?


ことり「海未ちゃん!」

1 ことり、焦りは禁物です!

2 ことり、とっても素敵です!

3 さあ、盛り上げていきますよ!


真姫「海未!」

1 真姫、このリズム、いいですねぇ♪

2 真姫、一緒に楽しみましょう♪

3 たまには羽目を外しませんか?


凛「うーみちゃん♪」

1 凛なら大丈夫です♪

2 とっても素敵ですよ!凛♪

3 もっともっと輝けます!


花陽「海未ちゃん!」

1 花陽、やりましたね!

2 盛り上がってますね!

3 花陽なら大丈夫です!


にこ「海未!」

1 にこはアイドルの中のアイドルですねぇ♪

2 にこは盛り上げ上手ですね♪

3 私も諦めません、一緒に頑張ります!


希「海未ちゃん!」

1 一発逆転ですね!希!

2 悪くないですね♪

3 希、行きますよ!


絵里「海未!」

1 油断は禁物ですよ、絵里!

2 絵里、最高のライブにしましょう!

3 こんなの初めてです!


西木野真姫

穂乃果「真姫ちゃん!」

1 穂乃果も楽しんでる?

2 任せて!穂乃果♪

3 このままいくわよ!


ことり「真姫ちゃん!」

1 絶好調みたいね!ことり♪

2 ことり、このライブ、最高ね!

3 うまく行き過ぎて怖いくらいね!


海未「真姫!」

1 海未!頑張りましょう♪

2 盛り上がってきたわね!

3 海未、走り抜けるわよ!


凛「まーきちゃん!」

1 凛、正念場よ!

2 まるで星空のステージね♪

3 いい流れね、このまま行くわよ!


花陽「真姫ちゃん!」

1 花陽、一緒に歌うわよ!

2 やるじゃない、花陽♪

3 今の感覚、忘れないで!


にこ「真姫!」

1 にこちゃん、ここは任せたわよ!

2 まだまだこれからよ♪

3 にこちゃん、油断しないで!


希「真姫ちゃん!」

1 希の占いは当たるわね♪

2 もう、こんなの聞いてないわよ!

3 もうひと頑張りよ、希!


絵里「真姫!」

1 絵里には助けられてばっかりね!

2 絵里、ここからが本番よ!

3 絵里、やるじゃない!

 

星空凛

 

穂乃果「凛ちゃん!」

1 なぁに、穂乃果ちゃん!

2 ノリノリでいくにゃー!

3 楽しいね、穂乃果ちゃん!


ことり「凛ちゃん!」

1 楽しいね、ことりちゃん!

2 ことりちゃん、お手伝いにきたよ♪

3 熱いライブだにゃー!


海未「凛!」

1 海未ちゃんともっと踊りたいにゃー!

2 もっと楽しむにゃー!

3 海未ちゃん、いい感じにゃー!


真姫「凛!」

1 真姫ちゃんかわいいにゃー!

2 真姫ちゃんも一緒に、ジャンプするにゃー!

3 燃えてきたにゃー!


花陽「凛ちゃん!」

1 ずーーっと一緒だよ!

2 かよちんも輝いてるにゃー!

3 かよちんもっと楽しむにゃー!


にこ「凛!」

1 もっと盛り上げようね、にこちゃん!

2 いっぱいがんばるにゃー!

3 にこちゃんはすごいにゃー!


希「凛ちゃん!」

1 頼りにしてるにゃ、希ちゃん!

2 輝きがほしいにゃ!

3 希ちゃん!凛も手伝うにゃー!


絵里「凛!」

1 絵里ちゃんと一緒なら、頑張れるよ!

2 絵里ちゃん!いっくにゃー!

3 最高に楽しいにゃー!

 

小泉花陽


穂乃果「花陽ちゃん!」

1 なぁに?穂乃果ちゃん!

2 大変だけどやってみよう、穂乃果ちゃん!

3 この調子でがんばります!


ことり「花陽ちゃん!」

1 ことりちゃん、楽しいね!

2 ことりちゃん、すっごくかわいい!

3 ことりちゃんが作ってくれた衣装は最高!


海未「花陽!」

1 足手まといにならないよう、がんばります!

2 海未ちゃんステキ!

3 海未ちゃん、一緒に歌おう♪


真姫「花陽!」

1 真姫ちゃん、す、すごいっ!

2 真姫ちゃんみたいにライブを盛り上げたい!

3 おにぎりパワーでがんばります!


凛「かよちん!」

1 どこまでも凛ちゃんについていくね♪

2 凛ちゃん!きらきら輝いてるよ♪

3 嬉しいね、凛ちゃん!


にこ「花陽!」

1 にこちゃんについていきます!

2 最高のライブだね、にこちゃん!

3 うゎっ!止まりませぇん!


希「花陽ちゃん!」

1 希ちゃんの占い、すぅごいっ!

2 私にもできたよ、希ちゃん!

3 みんなの期待に応えられたかな?♪


絵里「花陽!」

1 絵里ちゃん、私がんばるね!

2 すごい熱気!

3 おにぎり食べて元気もりもり!

 

矢澤にこ

 

穂乃果「にこちゃん!」

1 穂乃果、勝負よ!

2 穂乃果、バテてなぁい?

3 このまま全力で行くわよ!


ことり「にこちゃん!」

1 ことり、ぼーっとしてる場合じゃないわよ!

2 見えたわね、ことり!

3 手伝ってあげたんだから感謝しなさい!


海未「にこ!」

1 今よ、海未!

2 海未、手伝ってあげるわ!

3 絶好調ニコ♪


真姫「にこちゃん!」

1 頑張ってるじゃない、真姫!

2 真姫、テンション上げていくわよ!

3 ほら、真姫もやるのよぉ!


凛「にこちゃん!」

1 凛、これくらいでへばってどうするのよ!

2 一緒にアイドルの星になるニコ♪

3 ノッてきたわね、凛!


花陽「にこちゃん!」

1 花陽、会場の熱気に飲まれないの!

2 花陽、最高のライブにするわよ!

3 アイドルは笑顔よ!


希「にこっち!」

1 希、盛り上がってきたわね!

2 わしわしさせないわよっ!

3 希、1番は譲らないわよ!


絵里「にこ!」

1 にこの笑顔を届けるニコ♪

2 絵里ならもっとやれるはずでしょ!

3 悪くないんじゃない?

 

東條希


穂乃果「希ちゃん!」

1 穂乃果ちゃん、いいやん!

2 すっごく楽しいね♪

3 穂乃果ちゃんいっくよー!


ことり「希ちゃん!」

1 ラッキーやんことりちゃん!

2 ことりちゃんどんどん行こう♪

3 みんなにありがとうを届けるんや!


海未「希!」

1 面白くなってきたやん、海未ちゃん!

2 そんなにわしわしされたいん?♪

3 飛ぶ鳥を落とす勢いやん?♪


真姫「希!」

1 真姫ちゃん強運やね♪

2 うふっ、調子が良すぎるくらいやん♪

3 仕方ないなぁ〜♪


凛「希ちゃん!」

1 凛ちゃんのパワーを感じる!

2 ウチらなら、どこまでも上がっていける!

3 凛ちゃんノリノリやん!


花陽「希ちゃん!」

1 花陽ちゃん上出来やん!

2 もっと盛り上げてみない?

3 いい感じやん、花陽ちゃん!


にこ「希!」

1 いい流れがきてるやん、にこっち♪

2 ウチに助けてほしい〜?♪

3 にこっち、わしわしMAX!


絵里「希!」

1 エリち、応援してるよ♪

2 最高のライブを見せてほしいな♪

3 素直なエリちって、かわいい♪

 

絢瀬絵里


穂乃果「絵里ちゃん!」

1 心配したじゃない!

2 任せて、穂乃果!

3 穂乃果、まだ行けるわよね?


ことり「絵里ちゃん!」

1 ことりの実力、見せてもらうわ!

2 ことり、チャンスよ!

3 調子が上がってきたわね!


海未「絵里!」

1 行けそうね、海未!

2 海未、楽しみましょう♪

3 一番を取りましょ!


真姫「絵里!」

1 真姫、手伝うわ!

2 さっすが真姫、いい判断よ!

3 盛り上げていくわよー!


凛「絵里ちゃん!」

1 凛!今よ!

2 凛、まだまだ行けるわね?

3 最後まで全力よ、凛!


花陽「絵里ちゃん!」

1 花陽にならできるって、信じてたわ!

2 花陽、もっといくわよ!

3 花陽やるじゃない!


にこ「絵里!」

1 にこ、助かったわ!

2 調子いいみたいね、にこ!

3 ハラショー!


希「エリち!」

1 希、勝つわよ!

2 希、楽しいライブにするわよ!

3 うっふふ♪そう来る?♪

 

 

 

ぷちぐる おうえんボイス書き起こし Aqours編

3/28に実装されたおうえんボイス。

Aqoursの全組み合わせを書き起こしたのでまとめておきます。

 

メンバー名「センターへの呼びかけ」(1〜3共通)

1 サポート1に設定時、スコア20万で発生

2 サポート2に設定時、200G獲得で発生

3 助っ人に設定時、コンボ150達成で発生

 

 

 

高海千歌


曜「千歌ちゃん!」

1 曜ちゃん、輝きを見つけよう!

2 みんなが応援してくれてるよ!

3 曜ちゃん、盛り上がってきたね!


梨子「千歌ちゃん!」

1 すぅごいよ梨子ちゃぁ〜ん!

2 梨子ちゃんのピアノ大好きぃ♡

3 キセキを起こそう!


花丸「千歌ちゃん!」

1 絶対勝とうね、花丸ちゃん!

2 花丸ちゃん、いっけー!

3 楽しいね、花丸ちゃん♪


ルビィ「千歌ちゃん!」

1 一歩一歩進めば大丈夫だよ。

2 ルビィちゃんはすごいよぉ!

3 ルビィちゃん、かぁわいぃ〜…


ダイヤ「千歌さん!」

1 ダイヤさん、ハイタッチしよ〜♪

2 ダイヤさん、頼りにしてます♪

3 なぁに?ダイヤちゃん!


果南「千歌!」

1 果南ちゃん♪私やるよ〜!

2 びたみんCぱわ〜!

3 みんなで輝こうね、果南ちゃん…!


鞠莉「ちかっちー!」

1 鞠莉ちゃんのおかげだね!

2 いいステージになりそうだね!

3 鞠莉ちゃん!ちゃんす デース!


善子「千歌!」

1 善子ちゃん!わくわくするねぇ↑!

2 私たちだけの輝きを、見つけようね!

3 きっと未来は変えられる!

 

渡辺曜


千歌「よーちゃん!」

1 千歌ちゃんはひとりじゃないよ!

2 千歌ちゃん、諦めちゃだめだよ!

3 大賛成だよ、千歌ちゃん!


梨子「曜ちゃん!」

1 梨子ちゃん!やったね!

2 いい音だね、梨子ちゃん♪

3 梨子ちゃん、ヨーソロ〜♪


花丸「曜ちゃん!」

1 ほら、花丸ちゃんも一緒に!

2 みんな一緒だから楽しいんだよ♪

3 いい感じだね、花丸ちゃん!♪


ルビィ「曜ちゃん!」

1 みんなに想いを届けよう!

2 ルビィちゃん、元気、出た?

3 盛り上がってきたね、ルビィちゃん!


善子「曜!」

1 善子ちゃん!こっちこっちー!

2 すっごぉーい!

3 善子ちゃん、その調子だよ!


ダイヤ「曜さん!」

1 来てくれるって、信じてたよダイヤさん!

2 ダイヤさん、私も、負けたくない!

3 チャンス到来だね!


果南「曜!」

1 夢みたいだね、果南ちゃん♪

2 果南ちゃん、走ろう!♪

3 もっともっと盛り上げちゃおー!


鞠莉「曜!」

1 すっごいステージになりそうだね♪

2 鞠莉ちゃん、やれば、できるよね!

3 輝きはきっとある!

 

 

桜内梨子

 

千歌「りこちゃん!」

1 千歌ちゃん、一緒に頑張ろ!

2 くらえ!梨子ちゃんビーム!

3 千歌ちゃんなら出来るって信じてる!


曜「梨子ちゃん!」

1 曜ちゃん、手伝うね♪

2 曜ちゃんファイト!

3 追い風が吹いてきたかも!


花丸「梨子ちゃん!」

1 花丸ちゃん、大丈夫?

2 調子良さそうね、花丸ちゃん♪

3 もっと楽しも!花丸ちゃん♪


ルビィ「梨子ちゃん!」

1 さすがルビィちゃん!

2 ルビィちゃん、落ち着いて?

3 一緒に頑張ろうね、ルビィちゃん♪


善子「リリー!」

1 善子ちゃん、これも運命よね♪

2 堕天使の契約はしないってばぁ!

3 サイレントチェリーブロッサムナイトメア!


ダイヤ「梨子さん!」

1 私も全力でがんばります!

2 ダイヤさんがいると、安心するの…♪

3 がんばって!ダイヤさん!


果南「梨子ちゃん!」

1 すごいよ果南ちゃん!

2 果南ちゃん、私も頑張るね!

3 果南ちゃん運動神経抜群だね!


鞠莉「梨子!」

1 もっともっと素敵な音楽を奏でたい!

2 鞠莉ちゃん!諦めないで!

3 やった…できたわ!鞠莉ちゃん!

 

国木田花丸

 

千歌「花丸ちゃん!」

1 やったね、千歌ちゃん!♪

2 千歌ちゃん、ありがとう♪

3 スクールアイドルはすごいね♪


曜「花丸ちゃん!」

1 曜ちゃん♪お手伝いするずら!

2 すっごく楽しいずら!

3 気合入ってるずら!♪


梨子「花丸ちゃん!」

1 梨子ちゃん!やったずら!♪

2 綺麗ずら〜♪

3 梨子ちゃん、マルも協力するずら!

 

ルビィ「花丸ちゃん!」
1 強気なルビィちゃんもいいずら!♪
2 ルビィちゃん人気者だね!
3 ずっと一緒ずら♪ルビィちゃん♡

 

善子「ずら丸!」
1 楽しくなってきたずら〜♪
2 善子ちゃんは善子ちゃんずら♪
3 善子ちゃんも一緒に歌うずら


ダイヤ「花丸さん?♪」

1 ダイヤさん、完璧ずら!

2 ダイヤさん、すごい気迫ずら…!

3 ダイヤさん、綺麗ずら〜♡


果南「花丸ちゃん?」

1 たまには読書もいいずらよ♪

2 果南ちゃん、おすすめの本だよ!

3 果南ちゃんハードすぎるずら!


鞠莉「花丸!」

1 鞠莉ちゃん緊張するずら!

2 マルも頑張るずら!

3 いつもありがとずら♪鞠莉ちゃん!♪

 

 

黒澤ルビィ

 

千歌「ルビィちゃん!」

1 千歌ちゃん!歌おう♪

2 全部がきらきら輝いてるねぇ!♪

3 きっと大丈夫だよね、千歌ちゃん♪


曜「ルビィちゃん!」

1 曜ちゃんカッコイイっ!♡

2 みんなの期待に応えたい!

3 すぅごい曜ちゃん!


梨子「ルビィちゃん!」

1 梨子ちゃん、とってもいい曲だね!

2 すっごくいい感じだね、梨子ちゃん!

3 ルビィもがんばルビィ!

 

花丸「ルビィちゃん!」
1 花丸ちゃんと歌えて、嬉しい!
2 花丸ちゃん楽しもう!
3 緊張なんて吹き飛んじゃうね!


善子「ルビィ!」

1 善子ちゃんもいっしょに、がんばルビィ!

2 善子ちゃん♪楽しいねぇ♪

3 感謝すルビィ!


ダイヤ「ルビィ!」

1 夢みたいだね、おねぇちゃん!

2 お姉ちゃんは、世界一だよぉ!

3 お姉ちゃん、だぁーいすきぃ♡


果南「ルビィちゃん!」

1 果南ちゃん、手伝うよー!

2 かぁなんちゃん、まってぇー!

3 みんな仲良しさんです!


鞠莉「ルビィ!」

1 楽しいねぇ、鞠莉ちゃん!

2 鞠莉ちゃん、安全運転で…!(怯え)

3 鞠莉ちゃん!ルビィにできることあるぅ?♡

 

津島善子ヨハネ


千歌「善子ちゃーん!」

1 みんなで堕天しましょ?

2 千歌、行くわよ♪

3 千歌、私でもいいのぉ?


曜「善子ちゃん♪」

1 曜に堕天使の力を授けるわ!

2 フフッ、ヨハネの出番ね!

3 曜!がんばるわよ!♪


梨子「善子ちゃん!」

1 助けに来たわ、リトルデーモンリリー!

2 リトルデーモンを増やすわよ♪

3 梨子の曲、好きよ?♪


花丸「善子ちゃん♪」

1 ずら丸、力を貸してあげるわ…♪

2 善子じゃなくて、ヨハネ

3 やるじゃない、ずら丸♪


ルビィ「善子ちゃぁん!」

1 リトルデーモンに喜びを届けるの!

2 行くわよ、ルビィ!

3 ルビィの気持ち、受け取ったわぁ!♪


ダイヤ「善子さん…!」

1 ダイヤにも見せてあげる!

2 闇の波動を感じるわぁ…!

3 ダイヤも感じるでしょ?♡


果南「善子ちゃん!」

1 いっしょに頑張るんでしょ、果南♪

2 果南、おいてかないでよぉ!

3 空間移動で駆けつけたわ!


鞠莉「善子ぉ?♪♪」

1 マリー、決めポーズよぉ!♪

2 さすがマリー!♪

3 心の闇が、晴れてゆくぅ…(浄化)

 

小原鞠莉

 

千歌「鞠莉ちゃーん!」

1 その調子よちかっち!

2 キセキを起こすわよちかっち!

3 新たなチャレンジも大切よね♪


曜「鞠莉ちゃん!」

1 Wonderfulなステージにしましょう♪

2 待てば回路の日和ありね、曜♪

3 Goodだよ、曜!♪


梨子「鞠莉ちゃん!」

1 やっぱり素敵ね♪梨子のMusic!

2 もっとダイナミックにいきましょう♪

3 きっとできるよ、梨子!


花丸「鞠莉ちゃん♪」

1 花丸、星を掴むのっ!

2 ドキドキするね、花丸♪

3 強い心を持って、花丸!


ルビィ「鞠莉ちゃん!」

1 緊張なんてノンノンデース♪

2 ルビィ、自信を持って?

3 ルビィwonderful!


善子「マリィ!」

1 Happyになっちゃうね、善子!♪

2 現状をBreak throughするの!

3 シャイ煮プレミアムデース!


ダイヤ「鞠ぁ莉さん♪」

1 ダイヤ、ここからがShowtimeよ!

2 もーっと盛り上げていくわよ!♪

3 ダイヤの限界、見せてもらうわよぉ?


果南「鞠莉!」

1 最高のステージにするよ、果南!

2 Coolね、果南!

3 この空は繋がってるよ、どこまでも!

 

松浦果南


千歌「かなんちゃーん!」

1 千歌は諦めが悪いからね!

2 ファイトだよ、千歌!

3 ほら、もうひと頑張り!


曜「果南ちゃん!」

1 曜にならできるよ!

2 まだまだ走るよ、曜!

3 あがくだけあがきまくろ!


梨子「果南ちゃん!」

1 ナイスファイトだよ、梨子ちゃん!

2 もっと行けるよ!梨子ちゃん♪

3 苦手なことは補い合おう!♪


花丸「果南ちゃん♪」

1 やりがいがあるよね、花丸ちゃん!

2 花丸ちゃんが努力した結果だよ♪

3 そうそう、その調子だよ!


ルビィ「果南ちゃーん!」

1 ルビィちゃん、手伝いに来たよ!

2 ルビィちゃん、いっくよー!♪

3 大成功だね、ルビィちゃん!♪


善子「果南!」

1 なにかてつだおうか、善子ちゃん!

2 柔軟は大事だよー♪

3 私は善子ちゃんと頑張りたいの!


ダイヤ「果南さん!」

1 私たちは誰にも負けない!

2 ダイヤ、無理しちゃダメだよ?

3 絶好調だね♪ダイヤ!


鞠莉「かなぁん♪」

1 鞠莉、ステージを楽しもう!♪

2 鞠莉、これからもずっと一緒だよ!

3 鞠莉、ハグしよ♪

 

黒澤ダイヤ

 

千歌「ダイヤさん♪」

1 千歌さん、まだまだ甘いですわぁ♪

2 素晴らしいライブになりそうですわね♪

3 千歌さん!一緒にがんばりますわよ♪


曜「ダイヤさん!」

1 曜さん!大成功ですわ!♪

2 やれることはすべてやりますわよ!

3 チャレンジですわ!


梨子「ダイヤさん!」

1 落ち着きなさい、梨子さん!

2 できる限りのことを致しましょう!

3 梨子さん。頼りにしていますわ♪


花丸「ダイヤさん!」

1 花丸さんその調子ですわ!

2 素晴らしいですわ!花丸さん♪

3 心を込めて、歌いますわ♪


ルビィ「おねぇちゃぁ!」

1 ルビィ。頑張りましょうね…♪

2 わたくしの妹は世界一ですわ♪

3 ルビィは自慢の妹ですわ♪


善子「ダイヤ!」

1 善子さん?勝ちに行きますわよ!

2 善子さん!今がチャンスですわ!

3 この輝きを探してましたの!


果南「ダイヤ!」

1 ひとりでがんばるなんていけませんわ!

2 果南さん、私も本気ですわ。

3 果南さん、楽しいステージですわね♪


鞠莉「ダイヤ♪」

1 鞠莉さん、最高の景色を見ましょう!♪

2 隠し事はいけませんわよぉ?

3 鞠莉さん、流れ星にお願いしましょう…♪

 

 

以上です

 

ぷちぐるに感謝

マルちゃんの扱いについての愚痴

私は、その男の写真を三葉、見たことがある。(太宰治人間失格」より)

 

 

上の名作の書き出しは全く関係ないですが、

先日3月4日は国木田花丸さんのお誕生日でした。

4thシングルセンターにユニット対抗戦1位と、今年ノリにノってますね。

色々あわせておめでとうございます。

友達想いで、文学的なマルちゃんが私は大好きです。

 

 

……そう、文学的なあなたが大好きです。

 

 

まあ私のことをご存知の方は何が言いたいかわかると思いますが、

私は貪食の罪を背負わされたアニメ版が好きではありません。

国木田花丸ちゃんの良さは大食いではなく、

文学少女であることにあると思っています。

 

そういう記事なので、

アニメの花丸ちゃんが好きな人は何も言わずブラウザを閉じることを推奨します。

 

 

 

とはいえ、もう暴食系女子としての印象は覆しようがないとも思っています。

半ば諦め気味。

 

3月3日のファンミーティング昼公演においても、

Aqoursメンバーが金メダルを取れそうな競技は?」というトークテーマで

真っ先に出たのが「大食い」の競技でした。

夜公演でも誕生日の話題が出たのですが、

結局そこでも文学少女的な面には触れられず。

ファンだけではなく、キャスト陣からも大食いキャラで通っていることを

改めて突きつけられました。

 

アニメ嫌いとは度々言っていますが、1期4話は大好きとも度々言っています。

花丸ちゃんのモノローグから始まり、

親友の背中を押して、また本の世界に戻ろうとするモノローグに

ルビィちゃんが介入し、新しい物語を紡ぎ始める。

中学校からの幼馴染になった謎改変が無ければ、(※)

かなり理想的なルビィ&花丸加入回だったと思います。

 

※G`sではルビィ、花丸が保育園からの幼馴染。善子は高校で初対面

 

アニメの過剰なキャラ付けはμ`sの頃から存在してましたけど、

Aqoursは過剰を通り越して押し付けレベルのキャラ付けでウンザリしてました。

 

もはや別人レベルに改変された梨子ちゃんでもまだ優しい表情は見せてくれるし、

テンプレ以下の厨二病キャラと化した善子ちゃんも根は優しいし、

常にピリピリしてた果南ちゃんでも2期後半~映画ではいいお姉さんしてたのに。

 

花丸ちゃんは映画で本の1ページでも読んでいただろうか?

常に何か食ってただけで話にも絡んでこない。

ルビィちゃんが本当に大きく成長した一方で、

辛辣なツッコミして善子が騒ぐという流れで話を切り、

まともな台詞を喋ったかと思えば「もう鞠莉ちゃんたちはいないずら…」

「鞠莉ちゃんたちはいつまでこっちに…?」と

不安を煽るようなことしか言わせてもらえなかった花丸ちゃん。

いったい彼女がなにをしたのだ。

最近はスクフェスでも食に関心を示すか善子にツッコむマシーンと化してるし。

 

 

 

初期のころ、「今世で徳を積んでおけば、来世でもルビィちゃんと一緒に楽しく暮らしていけるかもしれない」ととんでもない発言をしたマルちゃんであるが、

アニメではルビィちゃんと仲良くはなれたが幼馴染にはなれなかった。

徳が足りなかったのか?

 

「おら」「ずら」などの訛りでからかわれるマルをルビィちゃんが助ける話とか、

聖歌隊に誘われたけど一歩踏み出せないマルの背中をルビィちゃんが押す話とか、

ルビィちゃんがアイドルやりたいって言ったから、おらも何がなんでも頑張らなくちゃあと意気込むマルちゃんとか、

俺が見たかったのはそういうものだったわけで、

ルビィちゃんが泣き出す横で善子ちゃんを煽る花丸ちゃんじゃないし、

ルビィちゃんより三度の飯の花丸ちゃんじゃないんだ。

G'sのマルちゃんに大食い要素が無いといえば嘘にはなるよ。

松月デートもあるし、好きなおやつの話題もちょいちょい出るし、

正月の「練習前に餅を3個以上食った」という面子にCYaRon!+マルが入ってるし。

とはいえバランス悪いじゃんさ。

G'sは文学少女の中に食要素が垣間見える、

アニメは文学少女要素はごくたまに見えるくらいで基本何か食べてる。

 

最近はもう文学少女要素が含まれているだけで喜ぶようになりました。

アケフェス誕生日イベントのカードイラストでも、

その手に収まっているのは輝く本だし、もらえるバッジも「文学少女」。

ありがとうアケフェス。

 

正直アニメとG`sの国木田花丸が同一人物とはちょっと認めたくないので、

普段は初期からのあだ名の「マルちゃん」で呼んでますが、

明確にアニメとかの辛辣で貪食の方を指すときは「花丸ちゃん」って呼んでます。

妙なこだわり持ってるオタクってキモイね。

 

こういうこと言うと必ず

「え、食ってるとこかわいいじゃん」

「俺は好きだけど?」的なことを言ってくるやつがいるんだけど、

それはそれだから。

いくら可愛くても俺が見たいのは文学少女国木田花丸であって、

フードファイターじゃねえから。

お前は好きかもしれないけど、俺は嫌いだから。

 

ちょっと吐き出す場が欲しかったので愚痴りました。

4thシングルのPVでは"文学少女 国木田花丸"のセンターPVが見られることを祈ります。

【ネタバレ注意】Over the Rainbow見たので初見の感想【批判注意】

あけましておめでとうございます。

 

さて、今回は映画

ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow

を鑑賞した感想を書き留めておきたいと思います。

まだ1回しか見てないので「それは違うよ!」な部分もあるかと思いますし、これから手のひらクルーすることもあるかと思いますが、初見の感想ってことで許してください。

ネタバレ全開フルスロットルなので、未観賞の方はご注意ください。

感傷に浸りたい方や余韻を楽しみたい方、批判意見=アンチとお考えの方もお帰りください。いやもう半分アニメアンチみたいなもんか。

本当に包み隠さずボロッカス書いてるので、もしかしたら不快にさせてしまうかもしれないです。その時はごめんなさい。

あともう一つ、µ`sの劇場版と比較することはしてないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

キャラクターについて

 

千歌ちゃん

「なんか、ちょっとだけ見えた。見えた気がする!」

よくも悪くもいつものアニメ千歌ちゃんだった。特筆することない。

まあ主人公だしこんなもんかって感じ。

 

梨子ちゃん

「私たちの答えは前に進みながらじゃないと見つからないと思う。」

アニメ以上に善子にイライラしてた印象がすごかった。

真面目なシーンでは元に戻ってたので一安心だった。

 

曜ちゃん

「これまでだってやってこれたじゃん。大丈夫できるよ!」

完全に月ちゃんに食われてた。何かした記憶が無い。

Hop? Stop? Nonstop!の歌い方がすごくよかった。

 

ルビィちゃん

ラブライブ!は遊びじゃない♪」

実質主役で一番輝いてた。本当に強くなったなぁ、ルビィちゃん。

Saint Snowや3年生(お姉ちゃん)の話に積極的に絡んでいけるのはやはり強い。

ラブライブは遊びじゃない!」を理亞ちゃんに返したとこ好き。

 

花丸ちゃん

「モグモグモグ…これチョコずら♡」

マジで食ってただけ。体力無い描写もしてたし函館編以下レベル。

それ以外に言うこともない。いくらなんでも酷過ぎる。

 

善子ちゃん

「いいんじゃない。面倒くさそうだけど。」

いつも通り騒いでただけ。行方不明になったり足滑らせて羽根を落としてマリーママに居場所を確信させたりと足を引っ張りまくってた分、いつも以下かもしれない。

中学校の時の同級生と和解してたのはよかったかな。

 

鞠莉ちゃん

オフコース!ずっと一緒だよ?」

まあ劇場版が実質的な鞠莉ちゃん回なだけあった。

Hop? Stop? Nonstop!ではセンターだったが、聖良さんも認める流石の歌唱力だった。センター見れてマジでよかったなって思った。ライブ楽しみ。

浦女を訪れたシーンや最後の曲の途中で去っていくところなど、要所要所のカットが美しくてドキっとした。

 

果南ちゃん

「私は好きだよ。小さい頃、鞠莉を連れ出して遊んだときみたいで!」

ハグゥ。出番あんまり無かった。

髪型がコロコロ変わって可愛かったのと、千歌ちゃんの胸を指して諭すシーンが好き。

1期2期とイライラしてた印象が強かったから、飄々としたお姉さんしててよかった。

 

ダイヤちゃん

「もう、ルビィはなんでもできるのですわ。なんでも。」

デスワ。同じく出番あんまり無かった。

やっぱり姉妹関係の話はいい感じで、特にルビィちゃんに言った上の台詞はグッと来た。

 

これは3年生全体に言えることだが、貫禄ある頼もしい先輩感出ててかっこよかった。

イタリアで再会した時は俺もなんか安心した。

 

聖良さん

2期で見せた聖母っぷりが健在だった。髪下ろした聖良さんの美しさったらない。

あえて厳しくAqoursに点数を付けるシーンは元スクールアイドルとしての聖良さんにしか出来ないな~って思ったし、理亞ちゃんを心配するお姉ちゃんとしての聖良さんも素敵だった。

 

理亞ちゃん

この映画で一番報われたのではなかろうか。

聖良さんとしっかり話も出来てわだかまりも解消できたし、2年生になっても上手くいきそうでよかった。

 

月ちゃん

渡辺の血がどれだけ優秀なのかを示してくれた新キャラ。

Saint Snowを差し置いて海外についてくるわ、統合先との橋渡しはしてくれるわ、ノリも良いわ人当たりは良いわ…完全に舞台装置。チートキャラ。有能すぎる。

でも可愛い。

 

鞠莉ママ

テンプレ的な「理解のない親」描写があって、つい俺もムッとした。

が、意外とあっさり退いてくれた。味方になったらクッソ頼もしそう。

 

 

まあ1期や2期でもそうだったけど、メンバーごとに格差がすごかったなぁ。

扱いは ルビィちゃん>(SaintSnow>)ちかまり>かなダイりこ>>曜ちゃん>>>>>>>善子>>>>>>>>>>花丸 といった印象。

予告編や先行公開されたカットで想像できてたけど、よしまる2人の扱いがこれほどとは。善子はまだずっと堕天できてただけマシか?花丸ちゃんは食ってただけ。

衣装の生地見に行ったり、ステップの練習してたりというフォローはあったけど…。

ちなみにAqoursメンバーのとこに書いた台詞は読売新聞のカラー広告に書いてあった台詞。花丸ちゃんさぁ…もっと他になかったのかい?無かったわすまんな。

 

 

 

楽曲について

 

「僕らの走ってきた道は…」

キービジュ第2弾の衣装がまさかOPだとは。

開幕5分で曲やってくれたのはよかったけど、まだあんまり印象に残ってない。

沼津推しがすごかった。

 

「逃走迷走メビウスループ」

「G線上のシンデレラ」「予測不可能Driving!」に続いて3曲目の3年生曲。

ドレス衣装もあって、G線上に近いような印象を受けた。

流石にシリアス系の曲が来るかと思ってたが、またノリノリな感じでよかった。

 

「Hop? Stop? Nonstop!」

最初に予告で聞いたときはポップすぎでは?と思ってたけど、聞いてみればそれがむしろよかったのかなぁって。楽しいしシンミリしないし、Aqoursの曲としてもかなり好きな部類に入る。

上でも書いたけど、鞠莉ちゃんのセンターの風格がすごい。

ただ、せっかくの鞠莉ちゃんのセンター曲という意味でも劇中での曲の役割という意味でも、衣装欲しかったなぁ。

 

ちなみにこのブログもワクワクしながら書いてます。

 

www.youtube.com

 

 

「Believe again」

Saint Aqours Snowの2ndシングル曲が来ると思ってたんだけど、まさかのSaint Snow新曲。

お蔵入りになってしまった決勝用の曲を持ってくるというアツい展開。

衣装も曲もカッコイイしPVもメチャクチャに気合入ってるし、すげーよSaint Snowは。

 

「Brightest Melody」

前売り第2弾の衣装の曲。まさかまたちかりこダブルセンターが見れるとは。

(…だよね?あれは曜ちゃんセンターではないよね?)

正当派な曲だったけど、Saint Snowインパクトが強すぎてまだあんまり印象に残ってない。

 

「Next SPARKLING!!」

最後の曲。6人になった新Aqoursの楽曲ってことで期待してたんだけど…(後述)

まあエンディングだなって感じ。間奏だかアウトロだかがノスタルジックな感じで好き。試聴動画で言うと4分25秒くらいからのとこ。

 

「Over The Next Rainbow」

Saint Aqours Snowの2曲目!?いやPV作ってくれよ。

 

 

…と、比較的好意的に意見を述べてきたんですけど…

正直な感想。

 

9人曲に関しては1期2期を超えられてないと思った。

今回の劇場版の9人曲で印象に残ったのは「Hop? Stop? Nonstop!」だけで、他の3曲に関してはあまり覚えてない。

「WATER BLUE NEW WORLD」の衣装パージ、「WONDERFUL STORIES」の過去衣装総登場からの幕引き…

2期終盤の2曲はそんな衝撃もあり、曲も比較的頭に残ってたんだけど…

今回は「正当派で悪くないな」という感想しか残ってない。

 

これに関しては完全に人の好みでもあるからなんとも言い難いし反論に対してもどう答えていいのかわからないけど、僕はそう思いました。

 

演出や内容について

よかったとこ

・ルビィちゃん

予告編でお姉ちゃんに抱き付きに行ってたり、先行公開のカットで菱形口でピギってたときは「あぁ、置物に逆戻りか」と思ったが、まったくそんなことなかった。

むしろめちゃくちゃ成長して、話を引っ張っていった印象。

走って逃げだした理亞ちゃんを真っ先に追いかけて謝る、

(これは1年生だが)ライブの場所を決めさせてほしいと言い出す、

お姉ちゃんたちに頼ってばかりじゃダメだと自立の姿勢を見せる、

Aqoursに入るのは理亞ちゃんの為にならないとキッパリ言ってのける、

理亞ちゃんに「甘えてちゃだめだよ、ラブライブは遊びじゃない!」と諭す、

人見知りだったのに、群衆の前でライブ前の挨拶をする…

などなど。よしまるがギャグやってるだけだったのもあって余計に立派に見えた。

卒業する3年生にも関わりがあり、今回のサブ主人公とも言える理亞ちゃんとも一番仲が良いということで、立ち位置がズルい(いい意味で)。

でも映画終わってみるとやっぱり千歌ちゃんが主人公だったと思うので、本来の主人公を食わない程度に目立ってたのも上手かったかなぁ。

推しだからっていうのを抜きにしてもルビィちゃん輝いてた。

 

Saint Snow

姉様の夢を叶え、決勝でAqoursを戦い、お蔵入りしてしまった曲が日の目を見る…という展開を「私たちだけのラブライブ!」という形でやったのは良かった。

姉として、元スクールアイドルとして色んな面を見せてくれ、やっぱり頼もしかった聖良さん。ギャグ顔も見れたし。

モヤモヤを解消して前に進むことができた理亞ちゃん。

決勝用の勝負曲もめちゃくちゃカッコよかったし、PVもシビれた。

ライバルキャラとしてはこれ以上無い活躍だったと思う。

 

・曲

やっぱりラブライブだしアニメの出来は置いといて曲は良かった。

個人的には「逃走迷走メビウスループ」「Hop? Stop? Nonstop!」「Believe again」の3曲が好き。

 

 

・渡辺月ちゃん

CMでの話題作り&話を進めるための、舞台装置という名の新キャラ。

ボクっ娘だのイタリアに住んでただの生徒会長だの属性がどんどん追加されていき、曜ちゃんをキャラ被りどころか食ってて心配だったが、終わってみたら結構いいやつだった。

某所では千歌ちゃんが知らないのがおかしい!という声もあったけど、幼い頃からの友達でも従兄弟とかの親戚関係は流石に知らんし違和感はないでしょ。

 

・浦女生徒たちの存在

よいつむを始めとした浦女生徒や統合先の生徒たちが協力してくれていたが、

アニメにおけるAqoursは結成当初から度々浦女生の支えを受けてきたので、

そこが最後までブレなかったのはよかったのかな、と思った。

また一緒に踊るとか言いだしたらどうしようかと思ったが、

あくまでサポートに徹してて安心。

 

・作画

所々怪しい部分もあったけど、全体的に可愛かったと思う。

浜辺で千歌ちゃんと話してるとこの梨子ちゃん、「Next SPARKLING!!」で去っていく鞠莉ちゃんが印象に残ってる。

 

・再現カット

君ここと同じカット割りで夕焼けの浦女を映すのはグッときた。

あとは無理矢理感はあったけどEDの9人で入水するところの。

入れた意味はよくわからなかったけど。まあアニメこれで一区切りだしいいんじゃないかな。

 

モヤったとこ

・冒頭、幼少期のシーン

顔を歪めた。まあ運命の出会いをした相手が実は昔会っていた、なんてのはありがちな話だし、テンプレ以下のつまんねー演出しかできない監督のことだしいつかやるんじゃないかと思ってた。

千歌ちゃんと梨子ちゃんの関係は、高校生になってから運命的な、奇跡的な出会いをするから良いと思ってたんだけど。あっそ、って感じ。

ようちかだけで、果南ちゃんが居ないのは…まあ分かってた。

終盤でよくわからないロリAqoursの集合シーンがあったので、もしかしたらイメージ映像なのか?とも思ったけど。

とにかく、ちかりこにおいて一番やってほしくないシーンをやってくれた。

 

・浦女の扱い

統合先の保護者「部活とかが堕落しそうだから浦女生が来るの反対!」

バカか?

統合先として受け入れる話になったんじゃないのかよ。新しい制服も買わせてさぁ。

やっぱり受け入れできませんなんてそんな話あるかよ…

統合先の理事長やるやらないみたいな話してた鞠莉ちゃんどうなってんすか。

 

・鞠莉ママや鞠莉の結婚

歌ったらさらっと自由を認めてくれた。

まあ予告編の時点で読めてたけどカタルシスも何もなかった。

上でも書いたけど、「スクールアイドルの良さを認めさせる」っていう役割の曲なんだし、そこは魅力の一つでもある衣装は欲しかったところ。曲自体はとてもよかった。

 

・相も変わらず冗長でつまらないワンパターンなギャグ

たしかに俺はカップリングとしての「よしまる」「よしりこ」は嫌いだけど、

それを抜きにしても多すぎる。クドすぎる。

善子が何か言う→花丸がおちょくるor梨子がイライラする

ホントにこればっか。バカじゃねえの?いい加減にしてくれ。

海外で迷子になるというお約束も、足を滑らせて死にかけた挙句居場所を晒すというヘマも善子が背負わされてたし。

花丸ちゃんなんて冗談抜きに食ってばっか。落ちてきたコインチョコ食うなよ。他の客に運ばれていった肉に目を奪われてた時は流石に引いた。食い意地張りすぎでしょ。

「いっぱい食べる君が好き」とか言われてましたけど花丸ちゃん推しはこれで満足なんですかね?俺は嫌だね。周りに花丸推しがいないので感想聞いてみたいところ。

2期が比較的シリアスだったからか不評だったからか知らないけどフェードアウトしていった顔芸も復活してたっけな。先行公開されたカット、9人中5人が顔芸だったし察せては居たけど予想以上に顔芸多かったね。

菱形の口(◇←これ)も多用されまくってたし最悪。これ違和感しかないし可愛くないんだよマジで。

サンシャインのアニメの悪いところが戻ってきちゃったなぁって思った。サンシャインの映画らしいといえばらしいのかもしれないですけどw

 

・6人のAqours

「Next SPARKLING!!」はAwaken the powerでもそうだったが大人の都合を感じた。

2番から3年生が入ってきたことは嫌な顔しつつも、わからんでもないと飲み込むことにはした。2番からは精神世界的なステージだったから現実じゃないんだろうなとは察することができたし、劇中で「離れてもずっと気持ちは一つ」的な台詞もあったし、映画がそういうテーマでもあったし。最後のエンディングは9人じゃないとってのもある。

ただ、「6人だけのAqours」の曲も作ってほしかった。散々映画の中でテーマにしてきたわけだし。

3年生曲があるんだから、あるもんだと思ってた。無くて拍子抜け。

あのアニメの世界線の中では6人のAqoursの曲だけど、俺らから見たら結局9人のAqoursの曲なわけであって…。

 

・エンドロール後

なにあれ?

最初は虹ヶ咲のメンバーか?とも思ったけどそうでもなさそうだし。

よくわからんモブが聖地とか言い始めて冷や水ぶっかけられた印象(このブログも相当冷や水をぶっかけているが)

色々モヤモヤは残ったものの、「Next SPARKLING!!」で綺麗に締めて終わりでよかったのになぁ。

 

 

総評

もちろん良い所もあったが、話の起伏が小さくてつまんなかった。

曲と曲の間も長くて退屈だったし、いちいち挟まるギャグのせいでテンポも悪く、

中盤くらいで「長いな」と思ってしまった。

1期2期はなんだかんだ涙ぐんだシーンもちょくちょくあったが、それもなし。

 

 

キャストが過密スケジュールでめちゃめちゃ頑張ってるのに、

アニメがこれじゃあなぁ。

これは流石に言い過ぎ感あるかもだけど…包み隠さず書くって言ったので正直に。

 

きんちゃんやあいきゃんがセンター取る宣言をしていたが、

この劇場版の花丸善子の扱いではとてもじゃないが難しいと思う。

1期後の果南ちゃんのように同情票は集まるかもしれないけど。

 

これはキャスト批判でもなんでもなく、

センター投票の在り方とアニメスタッフに対する文句なので悪しからず。

 

 

まあこれから特典目当てに通うんですけど、ちゃんと見れるか今から不安です。

応援上映とかやってくれないかな。誰かと喋りながら見たい。

ぼくと一緒にこれ観たいという勇者がいたら声掛けてください。

 

 

以上です。

多分言い損ねてる事も結構あるんですけど、

まあこれから回数重ねるので、気づき次第また記事書いていきたいと思います。

 

新年早々ブチギレしてて全く変わらない私ですが、

よろしければ今年もどうかよろしくお願いします。

アケフェスやろうぜ!

できるかどうかじゃない、やりたいかどうかだよ!

はじめよう、アケフェス!

 

ゲーセンに行くの敷居高くね?と思ってるそこの君や初心者でにっちもさっちもいってない君に送る、アケフェスのススメ(トゥモロウではない)。

 

NextStageになってから重要になったビジュアルスコアや、おでかけスクールアイドルについても解説しているので、

既プレイヤーの諸兄姉も参考にしてもらえたらありがたい。

 

お急ぎの方はビジュアルスコアのとこだけ読んでもらえればいいよ。

 

 

何が魅力なの?

μ`sやAqoursが歌って踊る。これに尽きる。

曲はスクフェス用に編曲されたものがそのまま使われてるので、1曲あたり2分くらいか。
それでも、その尺分はフルで踊ってくれるのだ。

 

たとえばμ`sの僕らは今のなかで

アニメではOP、2期12話のエンディングとして使用されたが、
映像としては仲良さげなμ`sの面々の様子が映ったり、穂乃果ちゃんがラッパ吹いてたり…
と、映像の尺全てがダンスシーンではなかった。

しかしアケフェスでは、イントロからアウトロまでずっとダンスシーンだ。
アニメで見れない部分も、しっかり踊ってくれる。

 

「アニメ中で存在していない振り付けはどこから持ってきたの?」

 

と疑問に思われる方もいるかもしれない。

いやいや、私たちにはその振り付けを見る機会があったではないか。


キャストのライブ。


アケフェスでは、キャストと同じ振り付けでキャラクターが踊るのだ。


ユニット曲だって、デュオトリオだって、ソロ曲だって、全部キャストと同じ振り付けで踊る。
Next Stage稼動と共に実装された『Moment Ring』も、キャラクターのμ`sが踊る。
元気全開DAY!DAY!DAY!でちょこちょこ走るCYaRon!とか、あのじもあいダンスをニッコニコで踊る善子とか、
激しく華麗に舞い踊るlily whiteとか、脳を溶かしにかかることぱなとか、

全部キャラクターが踊ってるのを見ることができる。

健全なゲームなので、スカートの中が丸見えになってしまう『Strawberry Trapper』のハイキックはローキックになってた。

 

「え?待って待って。収録楽曲の中には未披露のHEART to HEART!とかあるけど?」


これもちゃんと振り付けがある。

『嵐の中の恋だから』『Paradise Liveもそう。

完全版が未披露で終わった『soldier game』も、3踊る。

 

あとは衣装も魅力かもしれない。
アニメで登場した僕今、青ジャンなどの定番衣装はもちろんだが、

アケフェスオリジナル衣装も実装。

さらにはチャイナ編やウエディング編などのスクフェス衣装や、
μ`s5thでキャストが身につけていた衣装の逆輸入もある。

 

まさかウエディングドレスを身にまとって扇子を手に、輝夜の城で踊りたいを踊るμ`sを見ることになるなんて、想像できただろうか。

 

Aqoursに関してはまだ実装されたばかりなので、
青ジャンみら僕HPTに加えオリジナルのスクールユニティ(ヤングガンガン表紙のアレ)しかない。

色々衣装増えてます。

劇中衣装は未熟DREAMERやHop?Stop?Nonstop!などが実装、

オリジナル衣装も1つ増えてます。

 

4thライブの物販でシリアルを貰っていた場合、
4thTシャツ+制服スカート」という、アンコールでおなじみの姿が見れる。
というか4thのアンコールはサンフレ衣装だったので、実質オリジナル衣装。

 

また、劇場版特典のシリアルコードでは「Hop?Stop?Nonstop!」衣装(R)がもらえる。

楽曲も実装されてるので、映画の興奮がよみがえる…!(公式が公開してるからYouTubeで見られるけど)

HSNの衣装は個人的にお気に入りで、私服で激しいフォーメーションダンス踊ってるのも新鮮だし、ユメユメとかすごくエモい感じになる(こなみかん)

 

ユニット対抗ファンミーティングにて先行でお披露目されたユニット衣装も実装済み。

「1st CYaRon!」「1st AZALEA」「1st Guilty Kiss」の名前で「元気全開」「トリコリコ」「ストトラ」衣装が実装されている。

但し期間限定の実装だったため、これから手に入れるには今後の恒常実装を待つしかない。

 

曲が実装されてる恋アクとか、衣装は今後も増えていくので楽しみ。
パンクロック編とか来たら嬉しいなぁ。

 

……と、オタク特有の前置きの長さで申し訳ないんだけど、
そんなわけで魅力たっぷりなので、ちょっとでも興味持ってもらえたら嬉しいです。

 

 

ゲームのはじめかた

 

ここからは、ゲームの進め方を紹介します。

最初に、アケフェスには2種類の筐体があります。
サテライト筐体:物理ボタンがついてて音ゲーをプレイするほう。
センター筐体 :タッチパネルがあるほう。後述のガチャとプロフィールカード印刷ができる。

 

まずはサテライト筐体に向かおう。


Nesicaを買う
曲も衣装も解禁できない、センター筐体でのプロフィールカード作成やガチャもできないので楽しくない。必要経費なので買おう。

 

②サテライト筐体にNesicaをタッチ、新規登録
Nesicaを登録します。

 

③100円入れて、グループとプレイ人数を選択
μ`sモードかAqoursモードを最初に選択します。こじらせたオタクも安心だね。
スクフェスと違い、プレイ中はモードの切替はできないので注意。

次にソロプレイか協力プレイを選択。
キャンペーンで「フリープレイチケット」が配布されるときがあるんだけど、
コインを入れると使えなくなるのでチケットを使うときは注意。

 

④名前の登録、初期メンバー選択
プレイヤーネームを登録。
(制限はあるが)あとからカスタマイズサイトで変更も可能なので、間違っても気を落とさずに。

その後、初期メンバーを選択。推しを選ぼう。他のメンバーも入手する機会はあるので、箱推しの方もカプ厨の方も安心して欲しい。
すると、μ`sなら「僕今」、Aqoursなら「青ジャン」衣装のHRメンバーカードがもらえる。
HRっていうのはレアリティなんだけど、これも後述。

 

⑤楽曲選択
プレイしたい曲を選ぼう。
スクフェスと違って物理ボタンでのプレイになるため、結構勝手が違う。
最初はNORMALとかがおすすめ。自信があればHARDでもいいけど。
1曲でもHARDでSランク以上を取れば、全曲のEXTREMEが解禁される。
CHALLENGEについては、EXTREMEをSランククリアすると、それぞれの曲で解禁。

ちなみに、所持しているメンバーカードによって曲が解禁される。
たとえば最初に千歌ちゃんを選択した場合、『元気全開』や『雨音』はプレイできるが、
千歌ちゃん以外のメンバーカードがないので『Strawberry Trapper』や『夏への扉』などは、梨子ちゃんや鞠莉ちゃんをゲットするまでプレイできない。


⑥ステージ選択
プレイするステージを選ぼう。
ただの背景で有利不利はないのでまあ、なんでもいい。


⑦セッティング
ここでまずやっておきたいのが、画面の明るさ。
スクフェスでも見辛いからとスキル発動時のカットインを小さくするなり消したりすると思うんだけど、
アケフェスは背景でキャラがめまぐるしく動いて踊るので、一番暗くするのを強く勧めます。
ノーツの速度は好みで。
ちなみにスクフェスと違い、低難易度だと設定に関係なく速度が固定されている。
後述のプロフィールカードもここで読み込ませる。
衣装やスキル設定、メンバー選択は初プレイだと関係ないので、とっととライブをはじめよう。


⑧ライブ

ミュージックスタート。サンシャイン。


⑨リザルト画面
最高ランクはSSSだが、クッソ条件が厳しい。
音ゲーとしての評価は最初の画面、アケフェス特有のスコアが次の画面で出てくる。
こちらも後述。

ソロだと2曲、協力なら3曲プレイして次へ。


⑩おでかけスクールアイドル
簡単に言うとすごろく。
いろいろ報酬がもらえるのだが、こちらも詳しくは後述。なんでも後回しかよ。
初回は好きなマップを選んで、適当に終わらせて欲しい。


と、ここまでが一連の流れ。
まあ文字にすると長いけど、まあ流れでなんとかなる。

昔のゲームじゃあるまいし。最近のゲームは親切なのだ。

 

カードについて


アケフェスには4種類のカードが存在する。

どのカードもゲーム内で効果を発揮するが、印刷物のカードとしては、QRコードがついている「プロフィールカード」 以外はゲームで使用しない。

コレクション用だができれば持ち帰ろう。どうしても不要ならカード交換BOXという名の墓地に置こう…。

 

メンバーカード

平たく言えばプレイヤーキャラを増やすカード。
デュオトリオやユニット曲は、その楽曲に参加しているメンバーがいないとプレイできないため、
全曲遊ぶには必須となる。
衣装替えも、このメンバーカードが必要になる。
レアリティはHRとRの2種類ある。
HRは絵柄の豪華さ以外に、「フィナーレフォーカス」という機能がある。
曲ラストの決めで、自分のキャラをアップにしてくれる。
Rでは発動しないので、むしろ全体としての決めポーズが見たい!という場合はRに設定するとよい。
それ以外に差はなく、スコアなどには関係しないため無理にHRを狙う必要は無い。

ちなみに印刷時、HRのみカードに加工がある。光に照らしてみるとわかるけど、星やメンバーアイコン、μ`s/Aqoursのロゴがうっすら入ってる。


スキルカード

スキルには
赤、青、緑の3種類がある。

赤はアシストスキル。
判定強化や経験地増加などのアシストが発動する。

青はカメラスキル。
メンバーがアップになるメンバーフォーカスや、画面にフレームが表示される○○フレームがある。

緑はステージスキル。
花びらが舞うフラワーシャワーや、ステージのライトがメンバーの色になるメンバーライトアップ等がある。

それぞれ時限式で、スキルレベルが上がるごとに継続時間が増える。
最大レベルは10。


MR(メモリアルカード

おでかけスクールアイドルの衣装が変わる。
それ以外のメリットはぶっちゃけ不明。
Next Stageから実装されたんだけど、存在価値が薄い。


プロフィールカード(重要!)

公式略称:プロカ
プレイしたライブから作成できるカード。

センター筐体でできることその①。
これ、アケフェスの音ゲー部分以外でのメインコンテンツと言っても過言ではない(と思っている)。

サテライト筐体でプレイしたライブは保存されており、センター筐体でその記録からプロカを作成する。

このプロカ、絵柄は上記3種のように固定ではなく、自分でシャッターを切った瞬間が絵柄になる。

無難なポーズを撮ってくれるポーズ撮影と、ライブ映像が流れそこを撮影するライブ撮影があるが、正直後者一択だと思う。

ライブ撮影を選択すると、発動したステージスキルやカメラスキルもそのままでプレイしたライブの映像が流れる。
そこで撮影ボタンを押して、瞬間を切り取るというわけだ。

一瞬のウインクを狙うもよし、フィナーレフォーカスでキメの1枚を撮るもよし。
メンバーフォーカス発動時しか見られない、レアなショットを狙うのも一興だろう。

とにかく、自分のお気に入りの1カットを見つけてほしい。

 

読み込ませることで色々なメリットがあり、以下の2つが重要だろう。


・プロカに設定されているスキルも発動する
・条件を満たせばビジュアルスコアが増加(詳しくは後述)

 

スキルレベルの高いプロカ2枚読み込めば数十秒の間判定強化が続いたり、メンバーがアップになってたり、花弁が舞ってたりする。

 

ちなみに、使用できるのは「作成した本人+誰か1人」のみ。
使ったプロカを交換ボードに戻すのはやめてくれ。

マジでやめろ。誰も得しない。

 

後述するが、今回からフルコンボしたライブから作成したプロカには
ビジュアルスコアボーナスが付くようになった。
可能であれば、フルコンボしたライブでのプロカ作成を狙っていきたい。

 

細かすぎて伝わらないんですが、
ぼくは『真夏は誰のモノ?』の「したのって声が」の部分でダイヤさんが歌ってるとき、
ルビィちゃんが手でハートを作ってることを知ったので、そこを狙ってます。
スキル発動のタイミングがランダムなのと、発動したときに限ってフルコンできない負の連鎖に陥ってます。どうでもいいか。

 

 

メンバーガチャについて

 

メンバーカードやスキルカード入手で一番手っ取り早くわかりやすい方法。
名前の通り、ガチャ。

9枚(各メンバー1枚ずつ)のカードが最初に表示された後、封筒に入ってシャッフルされ、ブラインドに。

100円につき1枚選択でき、最大900円かかる。地味にヤバい。

ただこれに関してはサテライト筐体で「クラッカー」をゲットできれば、的を絞ることができる。
おでかけスクールアイドルで入手可能。

 

クラッカーはいくつか種類がある。

・学年が表示されるもの
・ユニットが表示されるもの
・対応するレアリティが1枚表示されるもの(予言・レアリティ)
・対応するレアリティが3枚表示されるもの(運命・レアリティ)


クラッカーは最大3つまでストックできるが、ガチャを1度でも引いた時点で消滅する。
よほど金に余裕がない限りはセンターとサテライトの往復を勧める。

ちなみに、これらのクラッカーの効果は重複する。

 

PrintempsCYaRon!は3年生が、AZALEABiBi2年生が所属していないため、

学年クラッカーが噛み合わなかった場合は的を絞りづらいのだが、
リリホワギルキスは各学年1人ずつ所属している関係で、どの学年クラッカーとも噛み合う。

リリホワ2年生のクラッカーを持っていた場合、
海未ピンポイント、残りの2年でことほの2択、残りのリリホワでのぞりん2択。

他のメンバーが欲しい場合でも、4択まで絞れる。

特に狙いのメンバーがいなければリリホワ ギルキスを選ぶといいかもしれない。

…まあ、ガチャでわざわざスキルを引きに行くような人はあんまりいないと思うので、
HRクラッカー優先が一番かとは思う。

ただし、HRクラッカーを持ってるからといってガチャに絶対HRが入るかというとそうではないので注意。

 ※ガチャの例題を書いてみたんだけど、長いのでページ最下部にオマケとして置きました。

 

色んなメンバーガチャ

新衣装実装時は初回HR確定封入なので、積極的に利用していこう。

ただし「HR確定」なだけであり、「新衣装確定」では無いので注意。

 

エールガチャというものも存在する。

こちらはメンバーのエールポイントを上げることでエールガチャチケットが手に入るので、それを使用してガチャを回す。

通常のガチャはメンバー1人ずつで9枚なのだが、こちらのエールガチャは

9枚全て同じメンバーとなる。

HR1枚確定ではあるが、こちらはクラッカーが無効となる。

さも当たり前のように900円持ってかれたりするので気をつけてほしい。

 

また、メンバーの誕生日には誕生日メンバー限定スペシャルメンバーガチャが開催される。

好きなHR衣装を1枚自分で選んで封入でき、誕生日メンバーのみのカードが排出される。ただしエールガチャ同様、クラッカーは使えない。

 

 

おでかけスクールアイドルについて

止まったマスに応じたクラッカーやカードなどの報酬が手に入る。

前作(無印アケフェス)は無条件でクラッカーとカードが1つずつ貰えていた。
今作は報酬の種類をある程度自分で選べるようになったものの、

サイコロの数がデフォルトの1個しかないと報酬が1プレイ1つしか手に入らず、かなり辛い。
ので、後述のビジュアルスコアでサイコロの数を増やす必要がある。

 

注意点として、最後にライブしたメンバーでおでかけすることになる。
メンバーの変更不可なので、推しカードを狙いたい場合、最後の曲は推しでプレイしよう。

 

おでかけに関しては公式が詳しいのでそこを見てほしいんだけど、

www.lovelive-sifacns.jp


個人的にも色々と補足しておく。

 

旅のしおり

おでかけする場所を選択する。
全国各地のしおりはその地方でプレイすると解禁なので、遠征しろということらしい。
まあ○○県でプレイって実績は他の音ゲーにもあるもんね。
地方ごとになってるだけまだ温情ある。

ただ、地方ごとのマップはあんまり差はないので(Aqours仙台と秋葉原をプレイした感想)
俺の地方は負け組マップダァ…とヘコむ必要は無い。


ご当地アイテムについて

チェックポイントマスを踏むともらえる。止まっても通過でももらえる。

マップ上にいるメンバーのマスに止まってももらえる。
ご当地アイテム1個使用で、サイコロの出目を±2まで調整できる。
例:出目が4→進むマスの数を2~6まで選べる

3つ以上ストックできないので、バンバン使っちゃっていい。

 

緑のクラッカーセレクトマス

スキル/R/HRから…と書いてあるけど、ときどきMRのクラッカーも混ざる。
大予言=先述の運命。

 

?マークのマス

この他にもランダムでアイテムがもらえる、という表記が紛らわしい。

報酬を1つ選択するマスなのだが、
「モバイルポイント」「エールポイント」「経験地」から選ぶ場合と、
「ご当地アイテム3つ」「クラッカー3つ」「カード2枚」から選ぶ場合がある。
これがランダム要素なのだ。

※モバイルポイントはカスタマイズサイトで使える通貨みたいなもの。
 エールポイントは推し力を示す数値みたいなもの。
 エールポイント報酬は上記URL参照。

 

ゴールマス

ゴールするとその時点でおでかけ終了、残りのサイコロも消滅する。
クリア報酬としてクラッカーとカードが1つずつもらえる。


ネームプレート

公式に載ってる穂乃果ちゃんや千歌ちゃんがいるネームプレートは、同じマップを複数回周回したときにもらえるもの。
同じマップを同じメンバーで周回すると、ゴールするたびに豪華なネームプレートが増えていく。
最大3~4周くらいだったはず。それ以降はネームプレート無し。
メンバー9人分、4周分くらいがマップごとにそれぞれ用意されてるので、コンプはとても辛い。

 

バッジについて

チェックポイントマスに「ぴったり止まった」ときだけもらえる。
ご当地アイテムは通過でも貰えるが、バッジはそうはいかない。

このバッジ、どれをどこで手に入れたかわからなくなるうえ、
チェックポイントマスは止まってもご当地アイテムしかもらえないため、
できる限りどのマップのどのチェックポイントに止まったことがあるかくらいはメモしといたほうがいい。


ガチャ回したいならクラッカー、100円あたりの効率を求めるならカードかハテナを狙っていこう。
メンバーカードはおでかけの報酬からの出現率低めなので、
衣装やメンバー増やしたい場合はガチャかなぁと思う。

 

誕生日イベントについて

各メンバーのお誕生日の前後2週間の間、バースデーイベントが開催される。

期間限定のマップが実装され、イベント限定描きおろしのスキルカード(1種)とネームプレート(3種)、バッジ(2種)、プロフィールカードフレームが手に入る。

チェックポイント通過でスキルカード1枚。ゴール1回ごとにネームプレート1つ。

プロフィールカードフレームはゴール2週目だったかな、ちょっと曖昧。

マップ1周につきスキルカード5枚、ネームプレート1つが確定で手に入る。

バッジは他のマップの例に漏れずチェックポイントにぴったり止まると入手。

少ない資金でレベルMAXのスキルを入手するチャンスなので、余裕があればぜひチャレンジしていただきたい。

 

ビジュアルスコアについて(重要!!)

今までさして大事ではなかったんだけど、先述の通り
おでかけスクールアイドルのサイコロの数は、1プレイのビジュアルスコアの合計で増えることに。
つまり、報酬の数に直結するようになった。


最優先事項じゃんそんなの。

 

計10000点で2個、計40000点で3個になる。

ビジュアルスコアはまず、単純に自分のキャラのスキルを発動したときに獲得できる。
しかし、アシストスキルの「ビジュアルスコアプラス」を付けているならまだしも、
他のスキルでは大して期待できない。
はじめたばかりのスキルレベルでは低すぎて10000点にすら届かないし、
そもそもAqoursはビジュアルスコアプラスが無え!!!!

実装されました。


そこで重要になってくるのが、先述のプロフィールカード
条件を満たすことでボーナスが発動し、ビジュアルスコアがグッと稼げる

ボーナスは以下の通り。

 

2000点ボーナス

お揃いの衣装

 自分のセンターメンバーと、プロフィールカードのメンバーの衣装が同じ場合発動する。
 センターとプロカ1枚分で2人カウントなため、最低でも+4000になる。
 プロカ2枚分揃えれば3人カウントになり、+6000。

 

お揃いの楽曲

 自分のセンターメンバーの衣装が、プレイする楽曲のテーマと一致していると発動。
 青ジャン衣装で青ジャンをプレイする、みたいな。
 こちらはプロカ関係なしで、センターメンバーのみの判定のため重複発動はない。

 読み込んだプロカのプレイ楽曲とこれからプレイする楽曲が同じだった場合に発動します。

 みら僕やるなら、みら僕をプレイして作ったプロカ読み込むと発動します。

 特別楽曲は別楽曲扱いでした。(アプデ後未確認)

 

プレイ楽曲:未来の僕らは知ってるよ

プロカ① 楽曲:みら僕 衣装:青ジャン

プロカ② 楽曲:青ジャン 衣装:みら僕

プロカ③ 楽曲:みら僕(特別) 衣装:みら僕

 

お揃いの楽曲が発動するのは、楽曲が一致しているプロカ①のみ。

 

ナイスアシスト

 読み込んだプロカのライブがFULL COMBOだった場合に発動。

 ALL PERFECTも同様の効果で、違いはプロカに印字される文字だけ。

 低難易度だとプロカに表示されないけど、しっかり発動するので腕に自信のない方もご安心を。

 人にあげるプロカはフルコンだと喜ばれるかもしれない。


6000点ボーナス

○年生

 センター、プロカ1、プロカ2でそれぞれ違うメンバー、

 かつ学年が一致していると発動。
 例1:センタールビィ、プロカ1花丸、プロカ2善子 → 1年生発動

 例2:センタールビィ、プロカ1花丸、プロカ2花丸 → 発動せず

 

Printemps、CYaRon!等のユニット名

 ○年生のユニット版。
 実績にこのユニットボーナス発動が条件の者があるため、学年よりはこちらを優先していきたい。
 称号に興味がなければどっちでも。
 例1:センター穂乃果、プロカ1ことり、プロカ2花陽 → Printemps発動

 例2:センター穂乃果、プロカ1穂乃果、プロカ2花陽 → 発動せず

 

 

30000点ボーナス

※3人協力プレイ時のみ発動可能。


μ`s / Aqours オールメンバー

3人協力プレイ時のみ発動可能。
センター、プロカ1、プロカ2をそれぞれ全員が違うメンバーにして、

9人揃えると発動。
「μ`sミュージックスタート!」「Aqoursサンシャイン!」の掛け声が聞ける。


○○推し

センター、プロカ1、プロカ2を3人分9枠全て同じメンバーに揃えると発動。

 


初心者はスキルなしでいいのでプロカ2枚用意して、
学年orユニットボーナスを発動させてサイコロ2個を目指そう。
報酬1個と2個じゃ効率が全然違う。

 

慣れてきたらお揃いの衣装やナイスアシストも発動させてサイコロ3個を狙っていくのがいいと思う。
お揃いの衣装×3=6000
ナイスアシスト×2=4000
学年orユニット=6000
これで16000、あとはスキルレベルをある程度上げれば

なんとか1曲20000点に届くはず。

プロカは他の人とも交換できるから、持ってないメンバーの衣装は交換するのも手。

 

余談(特殊会話について)

6000点ボーナスが付く組み合わせの時はライブ開始前に特殊会話が発生する。
Aqours2年生がスリーマーメイドを名乗ったり、
よしルビの語尾「ずら」が聞けたり、
海未ちゃんが山頂アタックを仕掛けようとして凛ちゃんが泣いたり、
えりまきがにっこにっこにーしたり…
と、ユニークな会話が多いので一見の価値アリ。

 

またNext Stageから、ビジュアルスコアボーナスは無いものの、デュオトリオでも会話が追加された。
聞くための条件は「デュオトリオ楽曲を選択」して「プロカに他のメンバーを含まない」こと。

例1:楽曲:夏の終わりの雨音が センター千歌 プロカ1果南 プロカ2千歌 

   → ちかなん特殊会話が発生
例2:楽曲:夏の終わりの雨音が センター千歌 プロカ1果南 プロカ2梨子

   → 特殊会話なし(千歌汎用台詞)

例3:楽曲:未来の僕らは知ってるよ センター千歌 プロカ1果南 プロカ2果南

   → 特殊会話なし(千歌汎用台詞)

 

 

 

 

こんなとこだろうか…


声を大にして言いたいことは、

「とにかく1個でもサイコロ増やそう」

です。


「相手が自分の話したい事柄について理解している前提」というオタクの悪い癖が出ていた部分もあったかと思う…
コメントやTwitterのリプなどで質問も受け付けるので、なんでも聞いてください。

ちなみにプロカで必要なのはQRコードだけなので、写真で送ってもらったものを読み込ませたりもできます。
ルビィちゃんのプロカならスキルMAXで全衣装用意できるので、欲しかったら声かけてください。

 

 

 

 

 

 

おまけ ガチャ例題

 

ガチャの中身が以下のラインナップだったとしよう。

千歌  スキル
梨子  スキル
果南  R
ダイヤ HR
   スキル
善子  R
花丸  スキル
鞠莉  スキル
ルビィ スキル

 

未所持のHRだったので、ダイヤさんのカードが欲しいとする。

そして、所持しているクラッカーは以下の通り。

AZALEA
3年生
・予言・HR

 

カードがシャッフルされ、以下のようになった。

封筒1:マークなし
封筒2:AZALEAマーク、3年生マーク、HRマーク
封筒3:マークなし
封筒4:AZALEAマーク、3年生マーク
封筒5:3年生マーク
封筒6:マークなし
封筒7:AZALEAマーク
封筒8:マークなし
封筒9:マークなし

 

どの封筒に誰のカードが入っているかおわかりだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

まず、AZALEAクラッカー、3年生クラッカーが付いた封筒を見てみよう。

 

3年生クラッカーの効果が付いており、かつAZALEAクラッカーの効果が付いていない封筒5は、鞠莉ちゃんだとわかる。
次に3年生クラッカーの効果が付いておらず、かつAZALEAクラッカーの効果が付いている封筒7は、花丸ちゃんだとわかる。

 

おかげで封筒2、4がそれぞれ果南ダイヤのどちらか…というところまで絞れた。

 


封筒2:AZALEAマーク、3年生マーク、HRマーク(果南 or ダイヤ)

封筒4:AZALEAマーク、3年生マーク(果南 or ダイヤ)

 

封筒5:3年生マーク(鞠莉確定)

封筒7:AZALEAマーク(花丸確定)

 

封筒1:千歌 or 梨子 or 曜 or 善子 or ルビィ

封筒3:千歌 or 梨子 or 曜 or 善子 or ルビィ
封筒6:千歌 or 梨子 or 曜 or 善子 or ルビィ
封筒8:千歌 or 梨子 or 曜 or 善子 or ルビィ
封筒9:千歌 or 梨子 or 曜 or 善子 or ルビィ

 

 

 

HRクラッカーを持っていたため、封筒2にHRクラッカーの効果が付いている。

封筒2を選択し、見事一発でダイヤさんのHRを引くことができた。


…こんな感じ。

下書きのまま眠っている記事を紹介する

タイトル通り。

 

凝り性というわけではないんだけど、

面白い記事にしようと思っては挫折して下書きが溜まっていってる。

ので、供養しようかなって。

以下、記事タイトルとあらすじです。

ちなみに記事名はクリックしても何も起こりません(マジで)。

 

高海千歌×津島善子

チキチキ!限界オタクのカップリング語りブログ第二回は「ちかよし」こと高海千歌津島善子についてです。μ`s、Aqours共に推しメンバーの居ない私(所謂『箱推し』)ではありますが、イチオシのカップリングはありまして。それがこのちかよしです。 「前回のルビまる推しはなんだったんだよボケ」と思う方もいらっしゃると思います。花を見て綺麗だと思わない人がいらっしゃるかしら?というのは置いといて、私は基本どのカプも好きなんです。地雷とかないです。特定のカプを推すために、他の誰かがないがしろにされている場合は、その限りではありませんが。その中でも特に好きなのがちかよしなだけです。 さて、まずは前回と同じよ…

 

公野櫻子先生の描く黒澤姉妹は最高にエモいという話
「わたくしにとって大事なもの?そうね……。それはやっぱり家族かしら。 あら、意外?海辺の田舎の、旧網本の家に生まれたんだもの。一族の結束は大事よ。 妹のルビィだって――そりゃぁ、あの子はドジだから叱ることも多いけど。 こう見えて、可愛がってきたのよ? でも…そんなわたくしの想いは――どうせ一方通行。 あの子に通じないのは知っていてよ――。」(黒澤ダイヤ) はいどーも!もねカスです!(キズナアイ) 最近ルビまるとダイルビ=黒澤姉妹がアツい。 ルビまるについては以前さんざん語ったので hughugkananmk2.hatenablog.com 今回は黒澤姉妹について語ります。 まずはアニメの黒澤姉…
 
 
楽曲ソートしたので上位10位まで語ってみる
ラブライブ! サンシャイン!! 楽曲ソート で遊んだんですが、そこそこ時間かけて悩んだのに「へー、ワイこの曲好きなんだ」で終わるのもなんなので、上位10曲について語ってみようと思います。 キャラやCPについて語ることはままあれど、楽曲について語ることってなかなか無いですからね。 10 恋になりたいAQUARIUM 10 ユメ語るよりユメ歌おう 10 夢で夜空を照らしたい しょっぱなから同率10位が3曲です。これ8~10位じゃなくて10~12位なので、計12曲です。 上位10位としか言ってないのでタイトル詐欺ではないです。
 
 
津島善子の魅力とは何か?
うっちーに嫌悪感を示されたオタク反省しろ。 という動機から始まった。 引き合いに出すのもアレだが、μ`sの矢澤にこ先輩もAqours津島善子も「いじられキャラ」的な立場が定着した。 まあ別にいじられキャラの存在が悪なのではなくて、それを料理する側の問題なんだよな。
 
 
よしりこ批評考察あれこれ
よしりこ地雷マンですが、だからこそよしりこについて語ってみます。貶めるための記事ではなく、自分が持つ理想のよしりこ観についてです。ヨハリリ?知らんわ。呼び方はなんだっていいんじゃボケ。アニメへの批判もそこそこ混じってるのでそういうの見たくない人はこのブログというか私という人間と合わないので記事を閉じてTwitterのブロックをオススメします。 なんかサンシャインアニメ2期5話でゴリ推されて爆発的に人気になったよしりこ。別に誰がどんなカプすこっててもいいけど俺は苦手。そもそもアニメの我が強い梨子ちゃんと、「だからヨハネ!」や堕天使語録を高頻度でぶち込んでくる善子が好きじゃなくて、それを掛け合わせ…
 
 
あねもね函館旅行記
序章 函館入り編木曜日。前日入りしたオタクたちがこぞって函館で遊んでいるツイートをし始め、俺の心は完全に躍っていた。ぶっちゃけまともに仕事できなかった。俺は金曜日、午後休暇を取得した。 金曜日。函館ユニットカーニバル1日目。浮き足立つTLのオタクたちを尻目に、悔しさで涙を流しながら午前中の作業を適当にこなし、さっさと退社。帰路に着く前にアキバに寄り、あげばかの500円からあげ食べ放題ランチを食す。午後休暇取ったときの定番メニューなのである。帰宅後は洗濯したり荷造りしたりしてたら、1つのことに気づいた。 いつも使ってたトートバッグ実家に置いてきた。 無印良品に走り、3000円のトートバッグを買っ…
 
←タイトル未定
ユニットと夜空 μ`sにおいてもAqoursにおいても「3つのトリオユニット」が存在する。ユニット曲が名曲揃いなのは言うまでもないが、その中でも特に(私からの)評価が高い曲がいくつかあり、そこに共通するのは「星」「夜空」がテーマになっているということ。 ユニット:Printemps曲名 :NO EXIT ORION歌詞 :冬の星座、夜空、オリオン、シリウス Printempsの真骨頂であるクッソカッコイイ悲恋ソング。可愛いぷわぷわもいいけど、やっぱPrintempsといえば僕はこっちのイメージです。Love marginalに始まり、NO EXIT ORIONに終わったわけですし。歌詞にもあり…
 
 
リズと青い鳥の感想(タイトル未定)
ぼくはバカだから「この演出はこういうことを表してるんだ」とか「この描写はこういう暗示だ」っていう難しい考察はできないので、観て素直に受け取ったことを書きます。 二人のすれ違いお祭りに優子先輩と夏紀先輩を誘ってみたり、同じパートの子たちとファミレス行ったりして、二人の時間を作らなかった希美。それにみぞれ先輩は不服気味。 だったのに、 プールに行く話になり、みぞれの「他の子も誘っていいか」という問いや、剣崎ちゃんと仲良くしてるところを見たときの希美の表情。 お前なんなん? 希美は突然、「私って音大行きたいのかなぁ?」「普通大学行こうかな」とか言い出す。それはいい。 問題は、「また」みぞれ先輩に黙っ…
 
 
←ルビィちゃんを褒め称える記事(タイトル未定)
黒澤ルビィがアイドルとして大成したWONDERFUL STORIES 皆様ご存知、Aqours黒澤ルビィ。 彼女は誰よりも強く、アイドルへの憧れを抱いている。メディア展開によってメンバーの性質が大きく変わるという特徴を持つラブライブ!シリーズだが、ルビィちゃんの「アイドルへの憧れ」はブレていない。 アニメではお姉ちゃんの影響でアイドルに憧れ始めました。 親友の花丸ちゃんに背中を押され、勇気を出してスクールアイドルを始めることに。そしてその勇気は花丸ちゃんの背中を押し、いずれはスクールアイドルを好きなキモチを押さえつけていた姉の黒澤ダイヤに広がりかつてのライバルであった鹿角理亞と共に眠る力を目…
 
 
世界最速!?figma黒澤ルビィをレビュー
発売から1年以上経ってレビューもクソも無いと思うのだが、 撮影ブースも作ったことだし、せっかくなので 私がいつもパシャパシャ撮ってるfigmaを紹介してみようと思う。 好きなシリーズだからといって、いや好きなシリーズだからこそ、 褒めるところは褒め、ダメなところは叩く。 今回はそういうスタンスでレビューしていきたいと思います。 いつもそうだろ Twitterでアンケート取ったらこうなった。 ので、ルーレットアプリで誰をレビューするか決めることにした。 ということで、figma黒澤ルビィのレビューをしていきます!!! まずはルビィちゃん本体。 なかなか可愛いです。 続いて表情パーツ。 愛らしい「…
 

※背景だけの写真だけ載せまくってエアレビューしようと思ったら発売してしまったのでボツ。

 

figma紹介~μ`s編~
アンケ取った結果μ`sとAqours半々になったのでどうしようかな~と思ってたんですが、結局μ`sとAqours両方やることにしました。 まずはμ`sから。Aqoursはルビィちゃん届いてからにします。 さて、μ`sのfigmaシリーズは実は18種出てます。 figmaで9種、figfixのスクフェス版チア衣装で9種。 簡単に言えばfigmaは動くやつ、figfixはポーズ固定で動かないやつです。 というわけで、全員レビューするのもめんどい大変なので、 「紹介」という名目で、撮りおろしたものを紹介します。 まずはキャラ単体で。 いつも他のfigmaとかの小道具引用して写真撮ってるんですけど、 …
 
 
癒しを求めて猫カフェに一人で突撃してきた
成人男性のキモオタが何を言うんだ気持ち悪いって話なんですが、 やっぱり一人暮らしだとちょいちょい寂しくなるときがあって、 誰かと遊びたくなるんですよね。 まだ19時とはいえ、夜に友達を呼び出すのも忍びないし。 あっ、そうか。 猫カフェに行こう!(?) 実は動物結構好きで、犬か猫かで言えば猫派です。 犬も好きですけど猫の愛くるしさがつらい。 そんなこんなでやってきたのは、秋葉原…というか外神田にある猫カフェ「Jalala」さん。 猫カフェに来たのは実家に居た時以来2回目で、妙に緊張しながらドアを開ける。 定員10名ほどのコンパクトな空間に、十数匹の猫が住んでました。あと店員のお姉さんの靴下が花丸…
 

 

おそらく彼らが再度拾われることは無いです。

以上、一斉在庫処分セールでした。